AD-CHANNEL INTERNET SERVICE @企業と広告 AD-CHANNEL INTERNET SERVICE @企業と広告
インフォメーション
@企業と広告とは
購読お申し込み
資料請求
会社概要
コピーライト/
プライバシーポリシー
ビジネスお役立ち情報
テレビスポット天気予報
民放各社系列別
テレビネットワーク図
年齢早見換算表
単位換算表
景品規制ガイド
お役立ちリンク集
テレビスポット天気予報
食品 秋の新商品が店頭で並び始める時期であり,調味料や加工食品は例年に近い形に。味の素,Mizkan,キッコーマンなどが見込まれるが,業務用の落ち込みで出稿をセーブする動きも。
乳製品ではオハヨー乳業やよつ葉乳業などの銘柄が挙がっている。新米の出稿もある。
飲料・嗜好品 酒税改正のタイミングでキリンビールは新商品を発売するが,生活者意識に変化がみられると分析する企業もあり,出稿合戦までは至らなそう。
清涼飲料は例年,缶コーヒー商戦本番だが,自販機販売の不振もあってか低調。ただ,伊藤園やヤクルト本社などに動きがある。
家電・AV・自動車 ボリューム自体は小さいが,パナソニック,サムスンは大規模な出稿に出てくる見込みで,ダイソンも。アップルの動向に注目が集まる。
自動車では日産のほか,SUBARU,トヨタと新型車でキャンペーンに打って出ている。輸入車ではアウディなどの銘柄が挙がっている。
薬品・化粧品・
トイレタリー
前年のマイナス幅がとくに目立った業種だけに前年比では大きく見える傾向があるものの,花王が主力ブランドのリニューアルもあって大量出稿に出ている。P&Gも攻勢をかける。
薬品は,かぜ薬の商戦が本格化。武田CHが「ベンザ」で新商品を発売して出稿する。
流通・外食・
ファッション
ファッションでは,ユニクロ,GUが比較的堅調なものの,全般的には厳しい。靴の流通系などに一部動きも。
外食は,マクドナルドを筆頭に,引き続きテークアウト需要を取り込もうと,キャンペーンを展開する。
流通はプライベートブランドでの動きに期待。
金融・不動産 マイナポイント関連の出稿に期待したいところだが,まとまった規模としての動きは見られない。楽天カードは復活しつつある。
保険は,ダイレクト系は生保・損保とも引き続き堅調なものの,代理店や訪問販売が主力の業態は,営業政策の模索が続いている。
情報・通信 ソフトバンクがまとまった規模だが他の2社は完全復活までいたらない。アップルの新端末発売のタイミングまで,抑えた動きとなるか。その中,楽天の動きが目立つ。
LINEは引き続き活発。アマゾンは前年を大きく上回る規模での出稿となる見込み。
交通・趣味・レジャー スマートフォンゲームが引き続き活発。ネクソン,CTWといった銘柄が挙がっている。
イベント収容人数制限の緩和やGoToトラベルの東京発着の解禁の見通しが出てきたことから,旅行関連で動きが出てくる可能性はある。
映画は大作が少なく,期待薄。
官公庁・団体・その他 ハロウィンジャンボ宝くじがあるほか,公営ギャンブル系は引き続き堅調な動き。内閣府(政府広報室)をはじめ,官公庁の広報活動も継続してある。首相交代によって動きに一部変化が出てくる可能性も残る。
人材サービス系や出版などは低調。コロナ禍対策でBtoB系に期待。

戻る
Copyright(C) channel Inc. All rights reserved.