AD-CHANNEL INTERNET SERVICE @企業と広告 AD-CHANNEL INTERNET SERVICE @企業と広告
インフォメーション
@企業と広告とは
購読お申し込み
資料請求
会社概要
コピーライト/
プライバシーポリシー
ビジネスお役立ち情報
テレビスポット天気予報
民放各社系列別
テレビネットワーク図
年齢早見換算表
単位換算表
景品規制ガイド
お役立ちリンク集
テレビスポット天気予報
食品 鍋の季節が本格化することから調味料関係で,味の素, Mizkan,ヤマキなど。シチューでハウスやエスビー食品といった社の動きがみられる。歳暮商戦にむけて伊藤ハムなども。 食品は消費増税の軽減税率の対象となったが,低下する消費意欲の活性化に向けた施策に期待。
飲料 サントリーが久々に前年を上回る勢いをみせている。ビール各社は消費税率アップ前の駆け込み需要が発生した影響で10月の販売が大きく落ち込む見込みで,一定量の出稿は必要とみる。 清涼飲料では,缶コーヒーのホット商戦が本格化する時期だが,目立った動きは少ない。
精密機器
家電AV
スマートフォン端末でOPPOがテレビに初出稿。アップルが新型「iPhone」を発表したが,国による割引規制の影響からか,以前ほどの動きはみられない。 ボーナス商戦を見据えたエアコン,掃除機といった白物家電などに期待したいが,増税の影響がどこまであるか。
自動車 東京モーターショーが10月23日〜11月4日に開催される。各社ともに新モデルをモーターショーで発表,即,販売というよりも,コンセプトカーのお披露目が多く,出稿合戦とまではいかない。そのなか,トヨタの動きが比較的に目立つ。 冬用タイヤの出稿も徐々に始まる見込み。
トイレタリー
薬品・化粧品
花王の大幅減は10月ほどではないものの,大きなインパクトを与える。トイレタリー関連は全般的に低調。 化粧品では資生堂が攻勢に出る。 薬品ではかぜ薬が本番を迎える。第一三共HC,武田CH,GSKCHJなど銘柄はそろってくる見込み。
ファッション
流通・小売
コンビニ各社は冬物の中食などで出稿。クリスマスケーキの早期予約などでも出稿がある。 スーパーを含めて消費意欲減退からの回復を狙った施策が出てくることも予想される。 ファッションは,冬物商材の販売が本格化の季節に入ることから通販企業を含め出稿へ。
住宅関連
不動産
前年に出稿があったAGCや大東建託などのマイナス分が大きい状況が続く。 マンション販売は二極化しており,価格高騰による販売見送りや手ごろ感のある物件では一次販売で完売となるケースもみられ,デベロッパーのブランド広告も定期的な動きに留まる。
金融・保険 前年にソフトバンクの上場があり,野村證券が大量出稿に出たことが高いハードルとなっている。かんぽ生命のマイナスの影響も大きく,前年比でみると厳しい。 ただ,キャッシュレス関連などの出稿が一部で期待される。 また,保険ではダイレクト系は引き続き堅調。
レジャーサービス マクドナルドなど外食の動きが引き続き堅調。 通信では携帯キャリアは出そろうものの,規模としてはどこまで伸びるか。国の規制によってKDDIとソフトバンクは戦略を練り直し。アプリ系などの新規出稿銘柄は引き続き複数ある見込み。 年末に向けた大作映画の出稿に期待。

戻る
Copyright(C) channel Inc. All rights reserved.