AD-CHANNEL INTERNET SERVICE @企業と広告 AD-CHANNEL INTERNET SERVICE @企業と広告
インフォメーション
@企業と広告とは
購読お申し込み
資料請求
会社概要
コピーライト/
プライバシーポリシー
ビジネスお役立ち情報
テレビスポット天気予報
民放各社系列別
テレビネットワーク図
年齢早見換算表
単位換算表
景品規制ガイド
お役立ちリンク集
テレビスポット天気予報
食品 味の素や日清食品,乳業メーカーなどの名前が挙がっているが,規模は前年並みにとどまるか。ハーゲンダッツやロッテ,明治などにも動きがあるようだ。 前年は,下旬からブリティッシュ・アメリカン・タバコがスポットを投下したが,今夏は今のところ出稿がみられない。
飲料 ビールメーカーにとっては,ビールやRTDの最需要期にあたり,各社が出稿している。どこまで店頭に誘引できるかがカギとなりそう。 清涼飲料は,コカ・コーラやアサヒ飲料,サントリー,大塚食品などがある見込み。上半期絶好調のキリンビバの動きも注目される。
精密機器
家電AV
パナソニックやサムスンなどの銘柄に期待したいところだが,業種全体での動きは鈍い。 東京2020の1 年前というタイミングで,次の一手に注目が集まる。 アップルは,ここのところかつてほどの出稿量がなく,勢いがみられない。ダイソンは継続的に出ている。
自動車 ホンダや日産自動車が比較的好調な動きをみせる。ホンダは, 7月18日に発売した新型「N−WGN」が注目を集めている。日産は新型「スカイライン」のほか,「セレナ」も話題。 7月にフルモデルチェンジしたダイハツの「タント」も,今後の動向が気になるところ。
トイレタリー
薬品・化粧品
ここしばらくは出稿量が減少傾向にある大手トイレタリー各社。8月の花王にはやや一服感がありそう。ライオンや資生堂など,銘柄はそろってきそう。 薬品は,ドリンク剤やビタミン剤の出稿で武田や大正製薬,エスエス製薬などに期待。大塚製薬,大塚製薬工場も。
ファッション
流通・小売
前年に大規模な出稿に出て注目を集めたアマゾンだが,当月はそこまでの大型キャンペーンではない模様。 外食は,マクドナルドや日本KFCが複数キャンペーンを展開する見込み。ピザチェーン各社も出てきそうだ。 コンビニは,“pay”の動向が注目。
住宅関連
不動産
目立った銘柄はない。前年と比較した場合,前年は7月に社名変更したAGC(旧旭硝子)がまとまった規模で出稿したこともあり,当月は業種全体でみると前年に届かない見通し。 AGC以外にも東急リバブルやLIFULLなど前年に大きかった銘柄がどれだけ出るか。
金融・保険 キャッシュレス決済サービスの次の一手に期待したい。 カード各社の出稿は堅調なもよう。 生命保険は,国内,外資問わず動きがあるが,規模はそれほどでもない。ライフネット生命のほか,アクサ生命に動きがみられる。消費者金融は前年並みで推移している。
レジャーサービス NTTドコモが目立つ。楽天モバイルの参入を前に,先行各社の動きは活発化しそう。官公庁では,内閣府に動き。 前年大きかったエピックゲームスやスクエニは減。グーグルも期待薄か。リクルートやスマートニュース,エネルギー関連は堅調。新商品発売の任天堂に注目。

戻る
Copyright(C) channel Inc. All rights reserved.