AD-CHANNEL INTERNET SERVICE @企業と広告 AD-CHANNEL INTERNET SERVICE @企業と広告
インフォメーション
@企業と広告とは
購読お申し込み
資料請求
会社概要
コピーライト/
プライバシーポリシー
ビジネスお役立ち情報
テレビスポット天気予報
民放各社系列別
テレビネットワーク図
年齢早見換算表
単位換算表
景品規制ガイド
お役立ちリンク集
テレビスポット天気予報
食品 家庭内での食事の機会が増えており,加工食品の販売は堅調である。商品供給面の不安も解消されているが,流通サイドから過度な集客を忌避するムードもあり,攻勢にでにくい状況。一部アイスに動きはある。
世田谷自然食品をはじめ,通販企業もどこまで継続できるか。
飲料・嗜好品 最大需要期の夏に向けた動きに期待したいところだが,動きは鈍い。
家庭内需要で清涼飲料は大型PETが中心で,在宅勤務によって自販機商品が苦戦と,利益面で苦しさが出ている。
アルコールでは,需要が拡大している新ジャンルやRTDが中心となってきそう。
家電・AV・自動車 トヨタ自動車が引き続き積極的な動きとなってきそう。新型「ハリアー」への注目が高まっている。このほかダイハツが出稿。輸入車ではメルセデスに動きがありそう。
家電・AVではリモートワークで需要が伸びたパソコン関連に期待。IBM,HPなどの名前が挙がっている。
薬品・化粧品・
トイレタリー
殺虫剤や日焼け止めの需要期で,一定規模はありそう。ただ,出稿量の多い花王,資生堂の大幅減が続きそうで,全体をけん引するまでには至らない。
薬品では,大正,武田コンシューマーヘルスケア,エーザイなどの名前が挙がっているが,前年には届かない見通し。
流通・外食・
ファッション
外食ではマクドナルドが引き続き堅調。持ち帰り需要を取り込んでいる企業は積極姿勢をみせており,足元ではゼンショー,トリドール,宅配ピザチェーンも好調。
集客しにくい状況でコンビニやスーパーは厳しいが,家電量販店は意欲的。ファッションはユニクロが中心。
金融・不動産 キャッシュレス・ポイント還元事業が6月30日で終了するが,7月からは「マイナポイント」の申し込みが始まる。9月からキャッシュレス決済を活用すると,ポイント還元が受けられるもので,関連産業の出稿に期待したい。すでにPayPayなどは動いている。
不動産は様子見。
情報・通信 Netflix,アマゾンなどは引き続き出てくる見込み。携帯電話各社はショップの営業短縮の影響がある。ネットでの顧客対応も進めているが,追いついていないようで,動きにくい状況。
LINE(出前館)やグーグルのほかリモートワーク関連のBtoB企業の出稿は期待できそう。
交通・趣味・レジャー 娯楽施設の営業が一部再開しているものの,来場者制限をかけているケースがほとんどで,集客のための広告は打てない環境が続く。映画も公開が秋以降に延期されるケースもあって低調。
鉄道や航空は移動制限が解除されても動きにくく,旅行関連サービスも同様。
官公庁・団体・その他 緊急事態宣言に絡んだ出稿は小休止だが,状況の変化によって変わってくる。代わりに延期になっていたアイヌ関連の出稿が始まる可能性がある。「マイナポイント」がらみもあるか。
リクルートのほか,人事サービス系に一部出稿意欲を見せているところが出始めている。

戻る
Copyright(C) channel Inc. All rights reserved.