AD-CHANNEL INTERNET SERVICE @企業と広告 AD-CHANNEL INTERNET SERVICE @企業と広告
インフォメーション
@企業と広告とは
購読お申し込み
資料請求
会社概要
コピーライト/
プライバシーポリシー
ビジネスお役立ち情報
テレビスポット天気予報
民放各社系列別
テレビネットワーク図
年齢早見換算表
単位換算表
景品規制ガイド
お役立ちリンク集
テレビスポット天気予報
食品 冷凍食品やカップめんの売れ行きは好調。手軽に食べられる生めんの需要も高まっている。これらは店頭で品薄になるケースもあり,メーカー側は大がかりなキャンペーンをしづらい現状にある。
明治など,おおむね前年よりも少なそう。冷菓でロッテなどに期待。
飲料・嗜好品 本来であればスポット投下に力を入れる時期だが,清涼飲料はコカ・コーラが大幅減の見通し。アサヒ飲料やキリンビバ,熱中症対策でサントリーや大塚製薬・大塚製薬工場に動きがありそう。
酒類は新ジャンルやRTD,ビールテイスト飲料でアサヒビールやサントリーなど。
家電・AV・自動車 春先に大きな出稿のあったスズキはトーンダウンか。トヨタやダイハツに動きがみられる。春に予定していたキャンペーンが,一部当月以降にずれ込んでいるもよう。日産は,新型SUVが発売されるが,やや不透明。
家電はパナソニックやアップルの「iPhone SE」に期待。
薬品・化粧品・
トイレタリー
花王と資生堂がそれぞれ大幅減の見通し。外出が減り,化粧品や日焼け止めのニーズが高まらない。メーカーによっては,インバウンドも視野に入れたキャンペーンが先送りになったケースも。
トイレタリーはライオンやファンケル,池田模範堂,フマキラー,金鳥などに動き。
流通・外食・
ファッション
大型商業施設は,現状では期待薄。ただ,緊急事態宣言が解除されれば,一気に攻勢をかける準備は進めているもよう。
外食はマクドナルドの出稿はあるものの,規模はそれほどでもない。ウーバーイーツや出前館はまとまった規模の見通し。ファッションではユニクロの攻勢に期待。
金融・不動産 戸建て,不動産情報サービスともに出稿は思わしくない。後者はデジタルへの出稿に流れている可能性もある。
金融は,現在の状況を鑑みてかカード各社の出稿が止まっていることが全体の押し下げ要因。
今後は,マイナポイントにからんだ出稿の動向が注目されるところ。
情報・通信 携帯キャリア各社の出稿は軒並み低調。一方,専門チャンネルや動画関連は期待が持てる。スカパー,アマゾンのアマゾンプライムをはじめ,U−NEXT,Hulu,ネットフリックスなど。
ゲームアプリは,YostarやDonuts,Lilith Gamesがまとまった規模で出稿する見通し。
交通・趣味・レジャー 例年であれば,夏を前に娯楽施設や旅行各社の出稿が盛んになる時期であるが,現状では動きはほぼないようだ。航空会社の動きも鈍い。状況が改善されれば, 6月下旬から立ち上がる可能性も考えられる。
映画関連の出稿も前年に比べて現状では大幅減となっている。
官公庁・団体・その他 新型コロナウイルスに関する注意喚起などで出稿してきた内閣府が当月も力強く,規模では一般的な大手広告主を上回るほど。中小企業の相談窓口や補助金にからんでの出稿や,東京都の動きにも期待。
リクルートは減少傾向。オンラインサービスの出稿もみられるが小粒。

戻る
Copyright(C) channel Inc. All rights reserved.