AD-CHANNEL INTERNET SERVICE @企業と広告 AD-CHANNEL INTERNET SERVICE @企業と広告
インフォメーション
@企業と広告とは
購読お申し込み
資料請求
会社概要
コピーライト/
プライバシーポリシー
ビジネスお役立ち情報
テレビスポット天気予報
民放各社系列別
テレビネットワーク図
年齢早見換算表
単位換算表
景品規制ガイド
お役立ちリンク集
週間視聴率ランキング
関東地区
テレビスポット天気予報
食品 総じて堅調な出稿となる見込み。
「R− 1 」の出稿が期待される明治のほか,味の素,ハーゲンダッツ,ハウス食品など。
コロナの影響はプラスとみられ,老舗ブランドを含め,売れている商品が目立つ。健康や応援をテーマにキャンペーン,新提案が活発化の公算も。
飲料・嗜好品 他業種に比べて発注ペースが比較的早く,前年超えを期待する向きもある。
アルコールは,キリン,サントリーなど各社の出稿があるが,前年超えは難しそう。
日本コカ・コーラが大きめ。前年2 月は2020大会と絡めた出稿が目立ったが,今回はどうか。
家電・AV・自動車 家電は,アップルやダイソンなど海外勢の一角がプラス見込み。アップルは前年に出稿がなかったが,2 月〜3月またぎで出稿見通し。
自動車各社は,多くがマイナス。ホンダは「フィット」で前年が大きく反動減の側面も。三菱自動車は新型「アウトランダー」での出稿に期待。
薬品・化粧品・
トイレタリー
化粧品は引き続き厳しい。資生堂,花王は低調な見通し。
花粉対策商品の出稿が盛り上がる時期だが,外出控えもあってか目立った動きはみられない。スイッチOTC投入の三菱田辺は東京を含まない出稿。期待されるのは大幸薬品,フマキラーなど除菌関連。
流通・外食・
ファッション
流通は,ニトリの動きが活発。
外食は,テークアウト・デリバリー等への対応もあり,とりわけ悪いわけではない。モスフードがプラス見込み,ドミノピザ,ゼンショーなどが挙がり,出前館やUber Eats
などの出稿に期待。大量出稿を続けてきたマクドナルドは低調か。
金融・不動産 アフラック,ソニー生命のほか,オリックス生命など生保が中心。
証券は,株高で顧客獲得の好機。ネット専業の一部に動き。暗号資産も金融緩和の恩恵がみられ,出稿を再開したコインチェックは増勢。
不動産はアットホーム,スターツ,オープンハウスなど。
情報・通信 携帯各社は,格安プランの提供開始直前。ドコモは「アハモ」の出稿を始めたが,情報が二転三転。KDDI,ソフトバンクは前年並み程度か。
楽天の動向を注視。アプリ系は海外ゲーム各社,SHOWROOM など。セールスフォース,SATORIなどテレワーク追い風のBtoB も。
交通・趣味・レジャー 交通・レジャーは緊急事態宣言の悪影響が大きい業種の筆頭。ユー・エス・ジェイは,新エリア開業時期を再び延期した。キャンペーン計画も見直し必至か。
その中で期待できそうなのが新キャンペーンを開始したWOWOW。ユーキャンは引き続き出稿見込み。
官公庁・団体・その他 新型コロナに関連した出稿が予想され,官公庁・団体は数少ない期待のソース。当月は内閣府,消費者庁の出稿が見込まれている。
みずほ銀行宝くじ部は,緊急事態宣言により出稿に変化がありそう。セコムなどの出稿も予想されるが,エネルギー関連の出稿が期待薄。

戻る
Copyright(C) channel Inc. All rights reserved.