AD-CHANNEL INTERNET SERVICE @企業と広告 AD-CHANNEL INTERNET SERVICE @企業と広告
インフォメーション
@企業と広告とは
購読お申し込み
資料請求
会社概要
コピーライト/
プライバシーポリシー
ビジネスお役立ち情報
テレビスポット天気予報
民放各社系列別
テレビネットワーク図
年齢早見換算表
単位換算表
景品規制ガイド
お役立ちリンク集
テレビスポット天気予報
食品 アイスやめんつゆといった季節物は、7月まででほぼ出そろったようで、当月に目立った動きはない。乳業メーカーでキャンペーンがある見通し。
キユーピー、エバラ、ミツカン、ハウスなど堅調。冷涼感あるメニュー提案に出てくるか。
たばこメーカーの動向も注目されている。
飲料 猛暑で好調な販売が予想される飲料は、出稿量は控えめ。比較的堅調といえるのはコカ・コーラだが、それでも前年を大きく上回る水準ではない見込み。このほかサントリー、ヤクルトなど。
ビール類を中心にここしばらく前年を上回る投下をみせてきたキリンは、当月は一服感。
精密機器
家電AV
ボーナス商戦期には、スマートフォン端末の動きがみられたが、当月に入ると出稿はみられない。アップルは、前年同月にまとまった規模の出稿があったため、それに比べると少ないものの動きはある見通しで期待したいところ。
白物家電に目立った動きはなさそう。
自動車 メーカーごとに濃淡がある。積極的な出稿に出ているのがホンダ。このほど新型軽自動車「N‐VAN」を発売し、テレビ出稿をスタート。ティーザーサイトが公開された「CR‐V」(8月30日発売)など話題が多い。
新型「フォレスター」を発売するSUBARUなども堅調に出ている。
トイレタリー
薬品・化粧品
化粧品・トイレタリーでは、資生堂が好調に推移している。花王は下期の動向に期待。
薬品は、虫よけ関連の出稿が堅調に推移。熱中症対策飲料などの出稿もありそう。風邪薬は、例年であれば8月末からキャンペーンを立ち上げるところがあるが、猛暑の今夏はどうか。
ファッション
流通・小売
アマゾンが、当月もまとまった規模での出稿を予定している。楽天も引き続き動きがある。
外食は、マクドナルド、日本KFC、31アイス、ピザチェーン各社といった前年みられた銘柄が、今夏も出てくる見込み。
ファッションで目立った動きはみられない。冷涼衣料の出稿は一段落か。
住宅関連
不動産
三井不動産レジデンシャルなどをはじめ、大手マンション販売が出てくる可能性がある。また、7月に旭硝子から社名変更したAGCは、7月に続いて当月も出稿する見込み。
不動産・賃貸情報サイトの運営会社の出稿も複数みられる。その中でも東急リバブルが堅調。
金融・保険 みずほ銀行、東京海上日動などに動きがあるようだ。
他の生命保険で目立った動きはみられない。ダイレクト系の損保は、概ね堅調に推移している。
証券の出稿は一部の企業にとどまり、カードローンもほぼ例年並みとなっていて、業種全体では盛り上がりに欠ける。
レジャーサービス 前年同月を牽引したスマホゲームは、軒並みダウンか。スクエニが好調。海外勢の新規銘柄も見受けられる。
グーグルは当月も堅調でLINEにも動きがある。動画アプリのティックトック、エクスペディアなど旅行サイトの出稿も。久々の出稿となる東京電力はこれから期待。

戻る
Copyright(C) channel Inc. All rights reserved.