AD-CHANNEL INTERNET SERVICE @企業と広告 AD-CHANNEL INTERNET SERVICE @企業と広告
インフォメーション
@企業と広告とは
購読お申し込み
資料請求
会社概要
コピーライト/
プライバシーポリシー
ビジネスお役立ち情報
テレビスポット天気予報
民放各社系列別
テレビネットワーク図
年齢早見換算表
単位換算表
景品規制ガイド
お役立ちリンク集
週間視聴率ランキング
関東地区
テレビスポット天気予報
食品 前年実績が低いこともあって,前年比でみると堅調にみえる。冷凍食品をはじめとした簡便調理の加工食品を中心に一定の出稿が見込まれる。需要期のつゆなども。
アイスも再需要シーズンであるが,猛暑予想で商品供給に関心が集まる。健康系商材の動きは限定的となりそう。
飲料・嗜好品 サントリーやアサヒビールが前年を上回る規模で投下する見通し。キリン,サッポロのビール各社に加えて,宝酒造の名前も挙がっており,RTDを含めた出稿合戦となってくる。
清涼飲料は,アサヒ飲料などの名前が挙がっているものの,全般として低調な見込み。
家電・AV・自動車 ボーナス商戦,パリ五輪需要を見込み,かつてであれば家電各社の大型出稿があったが,その動きはほぼない。炊飯器などの白物家電で一部出稿する社はある。
自動車は輸入車で動きがありそうで,BMWやメルセデスなど。日産自動車が前年を上回る規模の投下へ。
薬品・化粧品・
トイレタリー
花王,P&Gが中心という流れに変化はないものの,出稿量はほぼ前年並みで落ち着きそうな化粧品・トイレタリー。一部外資系ブランドの出稿はある見通し。虫除けなどの季節商材は一定規模ある。
薬品は,ドリンク剤が中心で変化はない。DTC関連の出稿に期待。
流通・外食・
ファッション
夏休みに入る時期であり,ファストフード各社やピザチェーンの動きが活発。マクドナルドや日本KFCは前年を大きく上回る投下へ。
コンビニ各社もレギュラーベースの出稿はある見通しで,靴専門チェーンなども。
ファッションは冷涼素材を使った商品が中心。
金融・不動産 保険は,ダイレクト系が中心の流れに変化はない。ただ,前年はビッグモーターの不祥事に絡んで損害保険各社は出稿を取りやめたことで,ハードルは低い。東京海上日動火災などの名前が挙がる。金融に目立った動きはほぼない。
不動産は,ハウスメーカーで一部前年超えも。
情報・通信 携帯キャリアでは,ソフトバンクがまとまった規模で出稿する見込み。NTTドコモの動きも注目。楽天は,さまざまなサービスでの出稿となってくる。
外資系ではアマゾンの動きが目立ち,グーグルも。夏休みを見込んだモバイルゲームやBtoB系企業も一部で出稿。
交通・趣味・レジャー 夏休みをにらんだ動きとなり,映画は邦画の出稿が目立っている。局によってバラつきはあるもののまとまった規模となる見通し。
旅行サービスも前月に続いてトリバゴ等に動きがある。鉄道や航空には不透明感があるもの,レジャー施設を含めて比較的堅調といえる。
官公庁・団体・その他 BtoB企業でリクルート対策を見越した企業広告の出稿がある。クボタやINPEXなどの名前が挙がる。夏の省エネ関連の動きもありそう。
人材サービスで当月はパーソルやビズリーチなどが目立つ。バイト募集関連の出稿もある。
公営ギャンブルは例年通り。

戻る
Copyright(C) channel Inc. All rights reserved.