AD-CHANNEL INTERNET SERVICE @企業と広告 AD-CHANNEL INTERNET SERVICE @企業と広告
インフォメーション
@企業と広告とは
購読お申し込み
資料請求
会社概要
コピーライト/
プライバシーポリシー
ビジネスお役立ち情報
テレビスポット天気予報
民放各社系列別
テレビネットワーク図
年齢早見換算表
単位換算表
景品規制ガイド
お役立ちリンク集
週間視聴率ランキング
関東地区
テレビスポット天気予報
食品 流通の棚が切り替わる時期であり,加工食品各社が新商品や主力ブランドで攻勢をかける。前年を大きく上回る企業も目立っている。菓子も明暗はあるものの,活発な動き。全体としてプラス業種となる。
乳業メーカーでは森永乳業が久々にまとまった規模での投下へ。
飲料・嗜好品 ビール各社が引き続き活発で,とくにキリンビールの動きが顕著。アサヒビールやサントリー,サッポロビールと銘柄もそろい,まとまった規模となる。
清涼飲料では,日本コカ・コーラをはじめ,アサヒ飲料などの名前が挙がっている。主力ブランドでの出稿が中心か。
家電・AV・自動車 ホンダは,このほどスタートさせた新しい企業広告キャンペーンで前年を大きく上回る規模での投下となる。スズキやトヨタ自動車など,ダイハツを除き銘柄もそろってくる。
家電は春の新生活需要を見込んだ動きとなりそうだが,小規模な動きとなる見込み。
薬品・化粧品・
トイレタリー
春の新商品を発売する時期で,資生堂が活発な動きをみせており,花王,P&Gなども。日やけ止めも早めに動いてくる可能性がありそう。
薬品はドリンク剤のほか,花粉症対策の鼻炎薬も一部である。「ロキソニン」のかぜ薬を発売する第一三共ヘルスケアがまとまった規模に。
流通・外食・
ファッション
外食は,日本マクドナルドをはじめ,寿司チェーン,ピザチェーンとこれまで同様の動き。春の行楽シーズンに向けて攻勢をかけている。
流通はコンビニ各社の銘柄はそろいそう。ECの出稿もある見込み。
ファッションは,ユニクロ中心の流れに変化はなさそう。
金融・不動産 金融はカード各社が新生活需要を見込んで銘柄は一定規模そろう。ポイント統合を4月22日に控える三井住友カードの動きが注目される。
保険は,生保・損保ともにダイレクト系が中心となってきそうだが,ビッグモーター関連で出稿を控えてきた企業の復活が待たれる。
情報・通信 携帯キャリアは,春の新生活需要を見込んで,各社出そろう。ソフトバンクがまとまった規模で,これまで出稿を抑えてきたNTTドコモも。
年末から復活したLINEヤフーも引き続き攻勢に出てきそうで,ラクスやサイボウズなどのBtoB企業も一定量ある見込み。
交通・趣味・レジャー 旅行サービスの動きに期待したいが,規模としてはまだ小粒。本格的な復活とまでは至っていない。航空や鉄道も同様。北陸新幹線の金沢-敦賀間開通がある。
映画は春公開の作品を中心に動きが一定規模あるものの,前年から復活しており,前年比でみると目立っていない。
官公庁・団体・その他 リクルートがようやく戻ってきた。人材サービスをはじめ,出稿するサービスもさまざま。人材サービス各社も一定規模の出稿がある見込み。
官公庁の動きは少なく,公営ギャンブルも例年同様の動き。
BtoB企業のリクルート対策の出稿も一部である見込み。

戻る
Copyright(C) channel Inc. All rights reserved.